HOME資格・制度 > ICDについて
資格・制度

ICDについて

ICD人数:8,763名(そのうち小児感染症学会推薦は485名)

今後の講習会はICD制度協議会ホームページからご確認下さい。

ICD(インフェクションコントロールドクター)申請手続きについて
ICD制度協議会によりICDの認定が行われます。該当する日本小児感染症学会会員は是非御応募下さい。

1.日本小児感染症学会 推薦基準
日本小児感染症学会はICD認定申請のための推薦基準を以下のように定める。

1)日本小児感染症学会の会員であること(会員歴は問わない)
2)医師歴が5年以上の医師、または博士号取得後5年以上の研究者
3)病院の感染制御にかかわる活動実績があること。

  • (1)院内感染対策委員またはそれに準ずる活動の証明があること。
  • (2)ICD講習会に3回以上参加した実績があること。
    (参加証のコピーが必要です。)

2.申請手続き、手順、審査・認定、および規則等について
ICD制度協議会ホームページをご確認下さい。お問い合わせはこちら

3.応募期間
平成29年10月1日(日曜日)から平成29年10月31日(火曜日)必着
応募期間内のみの受付となります。

4.申請書の送付先
〒105-0001 東京都港区虎ノ門3-11-8 山田ビル3階
日本小児感染症学会 ICD制度係

  • ※日本小児感染症学会以外から推薦希望の場合は、推薦をご希望の学会・研究会事務局に
    ご提出下さい。

5.注意事項
ICDを取得された方が推薦学会を退会される場合はICD認定資格が喪失となります。

日本小児感染症学会

このページのトップへ
Copyright © 日本小児感染症学会 All rights reserved. サイトマップ お問い合わせ