お知らせ
過去のお知らせ
HOMEお知らせ > 第4回小児薬剤耐性菌(AMR)対策セミナーのご案内
お知らせ

第4回小児薬剤耐性菌(AMR)対策セミナーのご案内

第4回小児薬剤耐性菌対策セミナーを今年もwebで開催します。
薬剤耐性菌(Antimicrobial resistance: AMR)の拡大は世界的な問題であり、抗菌薬適正使用は喫緊の課題です。本邦の抗菌薬処方の9割を占める経口抗菌薬の適正使用は、他診療科、薬剤師、市民、行政をまきこんだ地域での実践、地域展開が必要です。今の、そして未来のこどもに抗菌薬を残すため、小児科医と感染症専門医はAMR啓発のリーダーシップが期待されています。第1・2回の開催では、小児科医を対象とした講義とワークショプを行い、第3回はクリニックの看護師や薬剤師を対象に、オンラインで講義とAMR対策を推進している先行事例の紹介(看護師・薬剤師)を行いました。第4回も第3回同様にオンラインで実施します。今回は、講義に加え小グループに分かれワークショップも行います。奮ってご参加ください。

開催概要

○日時
2021年9月4日(土曜日)
講義 15:00 - 16:20
ワークショップ 16:30 - 18:00
WebExによるオンライン開催。

◯募集人数
ブレイクアウトルームを使用したワークショップ 20名
*ワークショップは、グループでの参加も可能です。
*講義のみの参加に人数制限は設けておりません。

○参加資格
小児医療に関係する看護師、薬剤師、保健師、保育士、検査技師、医療事務、医師

○参加費
無料

◯テーマ
みんなでやろう抗菌薬適正使用

◯フライヤーはPDFこちら

プログラム

総合司会
福岡市立こども病院 総合診療科 古野 憲司

概要講義
現在のAMR問題の概説(兵庫県立尼崎総合医療センター 小児総合診療科・感染症科 日馬 由貴)

事例紹介
地域での抗菌薬適正使用 看護師の取り組み(二星こどもクリニック 二星 淳吾)
地域での抗菌薬適正使用 薬剤師の取り組み(さくら薬局長岡古正寺店 大K 幸恵)

まとめ
AMR対策の先に見えるもの(兵庫県立こども病院 感染症内科 笠井 正志)

ワークショップ
地域における抗菌薬適正使用の問題点と取り組み
ワークショップの総括(静岡県立こども病院 小児感染症科 荘司 貴代)

申込方法

こちらのサイトからオンライン申込のみ(申込にはメールアドレスが必要です)

締切

ワークショップ 8月7日(土曜日)、講義のみ参加 8月21日(土曜日)

参加の決定と通知

参加の諾否はご登録いただいたメール宛に後日、御連絡いたします。
小児AMRセミナーに関するお問い合わせは、古野furuno.k[@]pediatr.proまでお願いいたします。※[@]を@に変えてご送信ください。

  • ※本セミナー参加者へは、小児抗菌薬適正使用加算の届け出の際などに使用できるよう、希望者には研修会参加証を送付いたします。

主催:一般社団法人 日本小児感染症学会 教育委員会
共催:国立国際医療研究センター病院 AMR臨床リファレンスセンター

このページのトップへ
Copyright © 日本小児感染症学会 All rights reserved. サイトマップ お問い合わせ