お知らせ
過去のお知らせ
HOMEお知らせ > 小児敗血症セミナー2019
お知らせ

第55回学術集会会長選挙への立候補について

2020年9月28日

学術大会会長被選挙権
有資格者 各位

一般社団法人日本小児感染症学会
理事長 尾内 一信

2023年の第55回学術集会会長選挙は、学術集会会長選任規程に則り、立候補制で行います。
被選挙人資格を満たす方で、会長候補者として立候補される方は、自薦他薦を問わず所定の用紙にて定められた受付期間内に学会事務局へ届け出て下さい。

被選挙人:日本小児感染症学会現理事、理事経験者、理事候補者(直前の理事候補者選挙における当選者)及び現代議員、代議員経験者、代議員予定者(直前の代議員選挙における当選者)で、次の各号をすべて満たす者
(1)本会の正会員歴がこの選挙が実施される年度の8月31日で5年以上あること
(2)理事経験者または理事候補者または5年以上の代議員歴保有者であること
(3)本会の学術集会会長に就任した経歴がないこと
(4)この選挙時の年度の3月31日に年齢65歳未満であること

立候補受付期間:2020年9月28日(月曜日)〜2020年10月24日(土曜日)(必着)

立候補届は自薦他薦を問わず必要事項を全て記入の上、期日までに日本小児感染症学会「理事会」宛書留便でお送り下さい。(必ずコピーをお手元に保存して下さい)(手書きは不可とします。所信は10.5P、それ以外は12P明朝体で記入して下さい)
下記届出内容は、立候補者名簿にそのまま写真製版印刷されます。事務局での修正は一切加えませんので、十分ご注意の上ご提出下さい。
1)学術大会会長として学術大会開催に対する所信を200字程度にまとめて記載して下さい。
2)履歴書、学会役員履歴
3)理事2名からの推薦書
4)立候補届出受領書は即時発行します。1週間以内に届かない場合は、学会事務局まで至急御連絡下さい。締め切り後即名簿作成に入ります。遅滞なく御連絡下さい。その場合、書留便の控え、立候補届の写しを確認させていただきます。

立候補届出用紙

小児感染症学会定款

小児感染症学会規程

このページのトップへ
Copyright © 日本小児感染症学会 All rights reserved. サイトマップ お問い合わせ